昨日の放送 高校講座:情報A『これからの情報社会』が面白すぎる件について

NHKフリークの私は深夜ぼーっとNHKを垂れ流していたら、こんな番組がいつの間にか開始されていた。
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/jouhou/study21/index.html#top 
「ちょっとまて、これは録画だろう。」
とぶつぶつ言いながら録画を開始した。
 
この中でも特に秀逸だったのが、『テーマ3 進化するCG』だ。
その中には『誰でも作れるCG』と題し、東京大学の五十嵐健夫助教授が紹介されていた。
そして、CG作成ツールとして『Teddy』が紹介されていた。
私はこれを見て度肝を抜かれた。
やっぱり、まだ日本にはこんなスゲーやつがいる!と改めて再認識させたれた瞬間。
しかも、これ1999年に作っている…。あんた何ものですか?と問い詰めたい。
実際、私も使ってみたけど非常に直感的に3Dを作る事が出来た。
しかも、この人の開発したソフトを見れば見るほど、『すごい…。』と言ってしまう。
楽しくて仕事を忘れ気味だ。いかん、いかん。
 
みんな!今すぐ、五感をフルに使って体験すべきだ!
Takeo Igarashi
 
その後のプレゼンツールPowerPointの枠を壊した作品で非常に興味深かった。
 
 
たまにNHKはこういう番組を作ってくれるからタマラナイ。
枯れ木の森の中で新しい芽を見つけたような感覚に浸らせてくれる。
あ〜、だからNHKはやめられないのだ。