Javaコミュニティ@九州 セミナーの感想

昨日はJavaコミュニティ@九州 セミナーに行ってきました。
全体的な感想は「すげーおもしろかったぞー!!」なんですが、それを書いても意味が無いので、
感想をちらほら書いてみようと思います。
面白くないものは面白くなかったと正直に言いますのであしからず。
 

  • Java SE 6 を使ってみよう」50分くらい

 JavaConsoleなどJava6の機能の紹介をしてくれた。
 とっても便利チックなものがいっぱいあってよさげだったけど、
 あんまり聞いてて楽しくなかった。使いたいともあんまり思えなかった。
 

  • JPAで変わるDBプログラミングとEJB」50分くらい

 EJBをこの時間で分からない人向けに説明していたので、とっても辛そうだった。
 設定ファイルやら何やらとってもうざそう。はっきり言って使いたくない。
 全然便利さが感じられないし、仕事で使うとなったとき以外は覚えたくなかった。
 

  • NetBeansで変わるJava開発スタイル」50分くらい

 NetBeansをまったく知らなかったけど、これは素敵素敵。
 自動生成系がすばらしくて、EJBなんかの設定ファイルも自動生成できるとの事でいい感じ。
 プレゼン手法も面白かった。
 2007-04-19 - きしだのはてな(プレゼン資料などいらないメソッド
 NetBeansで本当に開発スタイルが変わりそうな気がした。
 (あと落書きくんがとっても素敵)
 

 この前まで使っていたSeasar2の説明だったけど、
 Seasar2のいい所が良く分かって実際使ってみようという気にされられた。
 やっぱりSeasar2はいい!って感じだった。
 会場のほとんどの人が唸っていた。
 

何か辛口になってしまった。ま、いいか。思ったことだから。
悪意はありません。すいません。ごめんなさい。