Pstore to DBのインターフェース変更

もっとSQLっぽくアクセスできるようしたと
テーブル作成

 db_hoge = Pstore2Db.new "#{File.dirname(__FILE__)}/db/hoge_table"
 #create table
 db_hoge.create_table :name => "", :price => 0

 
照会

 db_hoge.select "all"
 db_hoge.select "where :name=>'hoge'"

 
登録

 data = db_hoge.get_empty_data
 data[:name] = "apple"
 data[:price] = 100
 db_hoge.insert data

 
更新

 data[:price] = 200
 db_hoge.update data, "where :name=>'#{data[:name]}'"

 
こいつの利点
 1.早い
 2.DBがいらない(設定めんどいだけなんだけどね)
 3.Rubyのオブジェクトをそのままつっこめる。

ソースはこちらに
http://coderepos.org/share/browser/lang/ruby/pstore2db