リフレクション

リフレクションのやりすぎは推理小説で犯人の手がかりをまったく書いてない感じに似てる。
なんだよ、どこでこいつが犯人ってわかんだよ、みたいな。
 
適度なリフレクションは程よい手がかりを残す。
実体を見たときの、ここでこう繋がるかという驚き。
クールな小説。