shell起動

(shell null)
 ;またはバッファで
M-x shell Enter
 ;複数開くときは
C-u M-x shell Enter
 ;shell名を決める
Shell buffer: (default *shell*) shell2

おしっこちびりそうなくらい便利だった。
なんで今まで知らなかったのかと。。。
もうターミナルなんて開きません。
 
追記:
emacsは標準bashで開くので、zshに変えるときは

(setq shell-file-name "zsh")
(setenv "SHELL" shell-file-name)

と言う風に書いておく。
 
カラーモードにしてると文字化けするので、
.emacs_zshというファイルを作って

PROMPT="%/%% "
PROMPT2="%_%% "
SPROMPT="%r is correct? [n,y,a,e]: "
alias ls='ls '
alias ll='ls -la '
alias la='ls -a '

んな感じでPROMPT系のカラー表示を殺しとく。
.zshrcをいじり直さないのはターミナルで使うときはカラーでしたいから。
.emacs_shell名でM-x shellの時に読み込まれる設定ファイルになる

追記:
http://www.hasta-pronto.org/archives/2006/11/02-0230.php
にカラー表示させる方法があった。

;;; shell-mode でエスケープを綺麗に表示
(autoload 'ansi-color-for-comint-mode-on "ansi-color"
   "Set `ansi-color-for-comint-mode' to t." t)
(add-hook 'shell-mode-hook 'ansi-color-for-comint-mode-on)

.emacsに書けばOK