badfingerを聞きながら

No Matter What
邦題が「嵐の恋」などとふざけた名前を付けやがった奴は爆死すればよいのです。
いきなりポップな曲をbadfingerが出したなどと当時は話題になったらしいです。
 Whisout you
サビになるとあーこれこれという感じでしょうか。
 
メンバー内の2人が首をつって死んでます。
生きていればこんな僕でもライブを見れたんでしょう。残念。
60年代は不遇なアーティストが多くて、ごろっと変わった時代なので
すごい楽曲が多いような気もするようなしないような。
 
ただ一番聞くのは60年代ですわな。
逆にそこから先がよくわかんない。逆にね。