Bite-Size Einstein -アインシュタイン150の言葉-

アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉

どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか
知識は、ふたつの形で存在する。ひとつは、本の中に、生命のない形で。
もうひとつは、人の意識の中に、生きている形で。
後者こそがとにかく本質的なものである。
前者は、絶対必要であるように見えるが、たいしたことはないのだ。
わたしの手元には、返事を出さなかった手紙ばかりがたまっています。
人々はそのことでわたしに不満を抱きます。
しかし、とりつかれた人間はそうならざるを得ません。
青春時代、わたしは、ここに座り込み、果てしなく思考し、計算し、奥深い秘密を解明しようとしていました。
この偉大な世界と呼ばれる騒々しい世界にはしだいに興味を失い、世捨て人のようになっていったのです。