BoehmGCのPCRの謎

今,BoehmGCを読んでいる.
いや,本当は1ヶ月程前から始めたのだが,色々と忙しくて.とかなんとか.
 
それでコツコツと読み進めているとPCRという謎のifdef文発見
http://boehmgc.net/index.php?DCL_LOCK_STATE()%2Fgc-7.1
 
なんだこれと思ったら,ACMに論文発見
The portable common runtime approach to interoperability

言語処理系とOSとのミドルウェアみたいなもんなのか.
 
1989年って.時代を感じる.
コードを読むと,当時,BoehmさんとDemersさんは同僚っぽい感じ.

/* 
 * Copyright 1988, 1989 Hans-J. Boehm, Alan J. Demers
 * Copyright (c) 1991-1995 by Xerox Corporation.  All rights reserved.
 * Copyright 1996-1999 by Silicon Graphics.  All rights reserved.
 * Copyright 1999 by Hewlett-Packard Company.  All rights reserved.
 * Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc

つまり

Demersたん:ちょっとこんなん作りたいんだけど.
Boehmたん :んじゃ,俺のGC使っていいお.
Demersたん:ほいじゃ,PCRの分のパッチ書くね.

という会話がなされたのだろうか.
などとひとしきり妄想.
 
あと,そうそう.
BoehmGCって正式名称じゃないんだよね.
http://www.hpl.hp.com/personal/Hans_Boehm/gc/

The Boehm-Demers-Weiser conservative garbage collectoter

が正式名称のようだが,なんでみんなBoehmGCって呼ぶんだろう?
(私も含めて.)
 
SourceForgeに至ってはプロジェクト名が"bdwgc"だった.
SourceForge.net Repository - [bdwgc] Index of /