「が」の使い方と間違い

彼は大いに勉強したが,合格した.

間違い.
接続助詞である「が」は,「けれども」や「にもかかわらず」などの様に
明確な逆接条件でなければならない.

彼は大いに勉強したが,不合格だった.

とするのが正しい.
また,そのままの意味で変更するのであれば,

彼は大いに勉強したので,合格した.

とする.
 
不意に書いてしまう恐れがある「が」,気をつけなければならない.

日本語の作文技術 (朝日文庫)

日本語の作文技術 (朝日文庫)