wanderlust設定

Thunderbirdを使用していたのだが,Emacsキーバインドがどうしても使いたくなって,
wanderlustに乗り換える事にした.

インストール

$ sudo aptitude install wl

でいいんじゃ.

文字コードではまる

emacsをデフォルトでutf-8の設定にしていたので,byte-compileされたwl.elcとかが文字化けしていた.
iso-2022-jp文字コード直してbyte-compileしなおす.
 
また,wlが起動したときにemacsiso-2022-jp文字コードになって欲しいので,

(add-hook 'wl-hook '(lambda () 
                      ;; for encode
                      (setq coding-system-for-read 'iso-2022-jp)
                      (coding-system-put 'iso-2022-jp 'category 'iso-2022-jp)
                      (set-language-info
                       "Japanese"
                       'coding-priority (cons 'iso-2022-jp
                                              (get-language-info "Japanese" 'coding-priority)))
                      (set-language-environment "Japanese")
                      (set-terminal-coding-system 'iso-2022-jp)
                      (set-keyboard-coding-system 'iso-2022-jp)
                      (set-buffer-file-coding-system 'iso-2022-jp)
                      (setq default-buffer-file-coding-system 'iso-2022-jp)
))

とする.
wanderlust用にemacsを起動するので,まぁこれでいいだろう.

smtpの切り替え

;; SMTP
(defun wl-smtp-switch-gmail ()
 ;; ... 省略
)

;; SMTP
(defun wl-smtp-switch-netlab ()
 ;; ... 省略
)
(wl-smtp-switch-netlab)
;;(wl-smtp-switch-gmail)

として関数呼び出して切り替え.
キーに割り当てても良いなぁ
 

signatureの切り替え

;; signature templates
(setq wl-template-alist 
      '(("nacl" (body-file . "~/.signature"))
        ("gmail" (body-file . "~/.signature.gmail")))
)

C-c C-jで切り替え.
 

メールがEmacsの世界にやってきた

こ,,これは幸せです!!