はじめてのRuby本

ふと思った事を書いてみます.特にオチはないので期待しないように.
 
思えば,私は俗に言う「アフターRails世代」なんですよね.
そういえば,初めて買ったRubyの本はくまくまーな本でした.

Ruby on Rails入門優しいRailsの育て方

Ruby on Rails入門優しいRailsの育て方

初めて読むにはあれな感じでしたが,非常に良い本ですよ.
 
そのあとは,うーん,確かwhy先生のホワイの(感動的)Rubyガイドを読みました.
正直何だかさっぱり分かりませんでしたけど,楽しかったですね.
 
それで,それから流れは次のような感じですね.

Rails -> Ruby -> GC -> 振り出しに戻る -> Rails -> Ruby -> GC

最近は割とGCと仲良くしていますね.
 
こんな感じで逆流してく人は多いんだろうなぁと思いました.
例えば,言語処理系に流れていく人もいるし,OSに流れていく人もいるし.
始まりは一緒だけど,たどり着く所はそれぞれ違いますよね.
なんだかその辺に個性がにじみ出て,面白いなぁと思います.