プレゼンテーションZen

デザインは当初から考慮すべきものであり、最後に付け足すものではない。
率直に言って、プレゼンテーションを行うことは、世界(あるいは地域社会、会社、学校など)
にちょっとした変化をもたらすチャンスである。
「ユーモア」とは、くだらないジョークを連発したり、ピエロのようにおどけてみせることではない。
昔ながらの控えめなユーモアで観客をクスッとさせることである。
何が言いたいのか?なぜそれが重要なのか?
重要なのは「答え」だが、まずは「疑問」を抱くことが大切だ。

プレゼンテーションzen

プレゼンテーションzen

  • 作者: Garr Reynolds,ガー・レイノルズ,熊谷小百合
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2009/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 51人 クリック: 927回
  • この商品を含むブログ (186件) を見る
著者の方は大阪に住んでらっしゃるんですね。へー。