読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rvmが凄く良い

rvmを導入したのですが、これまた超絶に便利です。
これは使うべき。早く使っておけば。くうう。
 
さてさて、何が便利なのでしょう?

rubyのバージョン、patch-levelに応じて gem を分けることが可能

  • 一部は共有し、一部はそれぞれの環境で、ということも可能らしい

とにかく細かい使い方ができるみたいです。

aptitudeで入れたsystemのruby共存できる

  • 普通に使うのはaptituderuby、プロジェクトで使うのはこのrubyと切り分け可能

パッケージングされたものがpatch-level最新のものでないことは良くあること。
とはいえ、普通にruby使うときなんかは他のパッケージとの兼ね合いもあるし、aptitudeで入れたrubyを使いたい。
でも、patch-levelが低いrubyを仕事で使うのはちょっとなーという時に便利です。

  • .rvmrcによってプロジェクト毎のrubyを指定可能

自分の環境が汚れていかない(コレ重要)

たくさんのrubyを使っても自分の環境が破綻しなくなりました。快適!

ドキュメント

beginrescueend.com
色々と説明を書こうかとも思ったのですが、もりもり開発されているようなので下手なことは書かないことにする。
本家のサイトを見るのが絶対にいいです。