読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSC名古屋2010、第5回GC本読書会

OSCNagoya2010の中のCSNagoya枠でお話しさせてもらいました。
とにかくやりすぎてくださいってことだったので、おとうさんはりきっちゃうぞ、をしました。
(CSNagoyaのみなさまには名古屋に呼んでいただきました。ありがとうございます!!)
 

資料

 
今回はハードウェアサポートの話をしました。
いつか勉強してみたいテーマだったので今回のイベントに向けて1ヶ月ほど勉強したのですが、
やはり勉強不足感が出てしまって反省しています。もっと勉強せねば。
 

OSCNagoya2010感想

セッションではIPv6の話が印象的で、技術的うんぬんではなく、何か人が成長している瞬間を目撃したような感じでした。
 
Mozilaのやつは凄いなぁと思って。プレゼンうまいし、デモもかっこいいなぁーいいなーと思いました。
 
懇親会では本当に色々な方とお話しをしました。
そこで感じたのは「とんがった技術者の多さ」でした。
圧倒されました。名古屋スゴイ。
 
みなさんといっぱい喋れて嬉しかったです。
プレゼン中だと結構喋れるんですけど、オフのときは全然ダメなので(芸人みたい…)。
分かる範囲ではついったーの方でfollowしましたのでよろしくです。
もし漏れていたらごめんなさい…。
 

GC本読書会

なんといっても今回の名古屋で一番楽しみにしていたイベントでした。
 
@さんにお会いすることが出来ました。
念願叶ったりー、で色々なお話をしました。
ネット上の振る舞いと変わらず、すごーーくいい方でした。
 
LTも凄く面白かったです。
GCの証明」(!?)のお話と「GC in C++0x」のお話の中ででてきた資料を読んでみようと思います。
また、参照カウントの話は所有権とか大変だなぁと思いました。複雑なiPhoneアプリメモリリーク多そうだなぁ。
miuraさんの話」は私が前に読もうとしてあきらめた論文の話だったので興味津々で聞き入りました。楽しい、楽しい。
 
GC系の発表って学会とかでしか聞く機会がなかったので、こういう場で聞けたのはかなり新鮮でした。
これも本を書いたお陰なのかなと思い、一人で感動してしまったのは内緒です。
 
電車の予定があって、早めの懇親会でした。
犬の肉とかだしちゃうチャレンジングなお店だったのですが、意外にすべての料理が美味しかったです。
みなさんのGC本にサインさせてもらいました。ありがとうございますです。

なんとiPhoneの方にも…。よかったんだろうか…。ドキドキ。
 
最初から最後までCSNagoyaのみなさん(特に@さん)にはお世話なりっぱなしジャーマンでした。
感謝いたします。

名古屋感想

人生初の名古屋でした。
街をふらふらあるいたら、なんとも不思議な街であることがわかりました。
結婚式場の横の風俗店があったりするのです。
 
そんなアグレッシブな街に負けない名古屋の技術者の方々の「とんがりっぷり」には恐れ入りました。
また、機会があれば名古屋に行こうと思います!
 

追記

実は帰りの電車で寝過ごしてしまいました。
Desireで目覚ましかけてたのに電池切れ…。しくしく。