読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しいときー、Emacsが突然死してバッファ類が全滅するときー

開いているバッファを記録しておいてくれるrevive.elというものがあります。
revive.el を使って前回終了時のバッファを復元する - gan2 の Ruby 勉強日記
 
Emacs上で30分間何もしなかったら、現在のバッファを記録しておくようにします。

(run-with-idle-timer 1800 t 'save-current-configuration)  ; 30分ごとにbufferを保存

昼休みなんかは自動で保存しておいてくれるので便利です。
 
あんまり知られていないようなので書いておきます。