読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby合宿2011の成果発表に参加

お題はDXRuby+dRubyでネットワーク対戦ゲームを作る。
以下メモ。

  • 1班 すごろく
    • 桃鉄みたいなもの。
    • マスに止まるとイベントが起こる。
    • お金が減っていく。
    • 分岐点があるのは偉い。地味に実装が面倒そう。
    • サーバ側も作れているようで完成度が高い
  • 2班 ライフゲーム
    • 餌 = Ruby, よくできている。
    • プレゼン能力が異様に高い
    • 思いやりのプログラミングは難しい
    • キレイにコードを書くのが重要?
    • 徹夜でプログラミングして楽しかった。楽しいのは重要だ。

  • 3班 宍道湖サブマリン
    • 潜水艦を操作してゴミから宍道湖を守るゲーム。
    • スコアの表示で"#"がでてた!
    • サーバ側はできず。一人プレイ。潜水艦の同期はできるようになったらしい。
    • 変数名がlowerCamelCaseだった
  • 4班 SHIMANE MAN
    • パックマン + シジミ
    • 2人で点数を競い合うゲーム
    • SHIMANE MANのデザインがカワイイ!!
    • しめじ≒しじみ
    • 豆知識が下に表示される
    • チーム感がいい,リーダーがいいのかなぁ。
      • デザイン含めて完成度が一番高い
  • 5班 すごろく
    • 徹夜した結果ネットワーク対戦できませんでした :D
    • サウンド周りが他のチームと比べてよくできている
    • 分岐点は無かった。
    • 前回の合宿からRubyを勉強して今年も参加した(偉い)
    • オブジェクト指向が難しい
    • コミニケーション不足が残念だった
    • Q:チームがまとまったきっかけは?
      • A:作業するうちに意見交換できるようになった

雑感

みんなプレゼンスキルが高い。
チームで何かを作るという経験はやはりかけがえのないものになったようだ。
オブジェクト指向が難しいらしい。

個人的にはRindaを使うチームがなかったのは残念。Dripもあるよ!!

成果はgithubで公開される予定らしいのでお楽しみに。