読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyConf Argentina/Uruguay 参戦記 5日目

RubyConf Uruguayの始まり!

"¿Que Es Tan Especial de Ruby on Rails?" - Stephen Anderson
ランチの時に「君のRubyConfのトークを見て、僕もスペイン語で話すことに決めたんだ」みたいなことを言われたらしい(聞き取れなかったのでyharaさん情報)。
Railsの何が特別なのだろうか?というのを、もう一度見直してみようと。

午前中は眠くて寝てしまった。

あーろんさんたち、えとさんとご飯を食べに外に。
ラビオリを食べた。うまいねぇ。太るなこれは。

帰ってきてからはArgentinaとほぼ同じ話し。

"Faster than your IDE: vim for rubyists" - Ben Orenstein
vim好きの話。
「会場にはemacs使いが三人しかいないみたいだな、vimの勝利」とか言ってるしww
ぜんぶデモみたいな感じで、vimだとこんなこともできるぞ、これもできるぞ、と。
Rails書くときにIDEよりはえーだろ、だって。

"Who makes the best asado?" - Aaron Patterson
Argentinaとは違う話だった。リソースの管理はどうするのか? と。
ファイルとかデータベースのコネクションとか。
「何を閉じるか」というのが難しくて、どうやって判断するのがいいのか、という話だった。
あーろんさん、ウルグアイのユニフォーム着てるwwぼるけぇ〜っ

"Ruby's past, present, and future" - Yutaka Hara
最初にスペイン語を喋っていて会場からあたたかい拍手が。
個人的にはFiberのサンプルコードが面白かった。

終わった後はスピーカのみなさんとウルグアイvsチリの試合観戦にいった。南米予選でござる。
超楽しかった!!!!